Countrip

ビジネスを安定させたい人を全力で応援

まさか使ってないの?Chrome拡張機能のタブ保存・キャプチャは使わなきゃ!

更新日:

ウェブページを閲覧している時に気になったページを新しいタブでいくつも開くときってありませんか?

 

「Amazonで気になる商品を幾つかピックアップしたけど、友達にも見てもらいたい・・・」
「次の休みに見せたいけど、これ全部ブックマークかぁ・・・」

 

「このウェブサイトとても参考になるんだけど、1ページ毎印刷するとしたら・・・やっぱペイントで繋げていくしかないか・・・」

 

例えばこのような状況でも複数のタブをまとめて保存できたら楽じゃないですか?
1ページまとめてキャプチャを撮ることが出来たら楽じゃないですか?

そんな悩みをChromeの拡張機能が解決してくれます!

今回はその拡張機能をご紹介します。

この記事の内容

スポンサーリンク

Session Buddy

最初は幾つものタブをまとめて保存できる拡張機能です。

Googleウェブストアで「Session Buddy」と検索して追加してください。

 

使い方は簡単です。
保存したいタブを全て開いた状態でURLバー横のマークを押します。

Session Buddyの画面が開きますので右上の「SAVE」を押します。
保存する名前を入力して「OK」で保存完了です。

 

左下に入力した名前で保存されています。
上に並んでいるのは時間ごとの履歴です。

開きたい場合は保存した名前を選択します。

 

右上にある「OPEN」を押すと下記のような一覧が表示されます。

 

・Open ○tabs : 別ウィンドウで全て開く。
・Open ○tabs in one window : 上と同じく全てを別ウィンドウで開く。
・Open ○tabs in this window : 同じウィンドウ内で全て開く。

1つずつ開きたい場合はサイト名を直接ダブルクリックしてください。

また、複数のウィンドウを保存している場合はサイト名一覧の上にある「Window」をダブルクリックするとWindowごとに開くことが出来ます。

 

Fire Shot

以前、ウェブサイトの編集依頼の際に紙面で編集点を確認したことがあります。
紙面であれば直接書き込むことも出来ます。

いちいちパソコンで記入するよりこういう時は手書きのほうが早いですよね!
ただ、1ページまとめて印刷するためにスクリーンショットをしてペイントなどで繋げていくのも面倒です・・・

この機能を知らない時はそうしていました。

 

全ページのキャプチャを撮るならFire Shotがオススメです!
この使い方も簡単です!

保存したいページを開いてURLバー横のFire Shotのアイコンを選択します。
出てきた中から「ページ全体をキャプチャ」を選択すると別タブで保存設定画面が開きます。

 

PDFでの保存やその場で印刷することも可能です。

 

スクリーンショットを使うとタブやブックマーク欄、タスクバーまでもコピーしてしまいますよね。
これまたペイントでトリミングするのも手間です。

そんな時はFire Shotで今見ている部分だけをキャプチャする方法と、自由に範囲を選択してキャプチャをする方法があります。

「ページ全体をキャプチャ」の下に「目に見える部分をキャプチャ」「キャプチャ選択」があると思います。

 

「目に見える部分をキャプチャ」はスクロールしなければ映らない部分は保存されません。

「キャプチャ選択」はドラッグして自由にキャプチャの範囲を選択すると保存画面に移ります。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回紹介したキャプチャの機能なのですが、ウェブページ上で右クリックをすると「印刷」の項目があって、そこからでもPDFで保存できると思われがちなんです。

ただ、こちらの印刷をしても見たままの状態で保存できません。
下記のようになります。

 

正しくはこちらです。

 

この拡張機能を使えば見たままの状態で保存できます。

是非活用してみてください!

 

Chromeには他にも色んな拡張機能があります。
僕が使っている拡張機能を他にもご紹介しますので良かったら読んで下さい。

使いやすい拡張機能を見つけてどんどん作業の効率を上げていってください!

-パソコン・スマホ

Copyright© Countrip , 2019 All Rights Reserved.