Countrip

ビジネスを安定させたい人を全力で応援

ノートパソコンの選び方!予算たった10万円で2台買うには?

更新日:

これはWebページの運営が目的でパソコンを利用している方へ向けた記事です。

ゲーム用パソコンやデザインをしたい方、パソコンに高性能なスペックを求める方へはあまり向きませんのでご了承ください。
また、Macを買いたいと言う方にも向いていませんのでご了承ください。

 

現在使っているパソコンを買い替えたい方は是非読んでみてください!

さてWeb集客が主流になってきている昨今。
毎日パソコンを使うという方も多くなってきているんじゃないでしょうか。

出先でパソコンを使う方、Webページの運営のために自宅で使う方、それぞれいらっしゃると思います。

僕もそうですが、出先でパソコンが必要になることが結構あります。
飛行機や新幹線の中でも使いたくなることがしょっちゅうです。

そんなときにデスクトップパソコンじゃ持ち運びはできませんし、ノートパソコンでも大きいサイズじゃ持ち運びは大変ですよね?

かといって小さいパソコンだけでは画像編集や動画編集が大変で・・・
2台持つにしてもお金かかるしなぁ・・・

 

当時、中古の11インチVistaパソコンとWindows7のデスクトップパソコンを使っていた僕が、2代とも同時期に壊れた時に考えていた矢先に発見したんです!
パソコン2台を10万円に抑えて買う方法が!

僕は現在の2台で充実したパソコンライフを送っています!


スポンサーリンク

まずは自宅用に15インチのパソコン

Amazonで検索

何を選んだら良いかってことなんですが、まずはAmazonで「ノートパソコン」と検索してみてください。

別にAmazonで購入する必要はないですからね!

そうすると、画面左側に“絞り込み”の一覧が出てくると思います。
この一覧の中に、OS、ディスプレイサイズ、ブランド、CPUタイプ、クロック周波数、ディスク容量・・・といろいろあるかと思います。

 

何故この一覧を見ていただいたかというと、パソコンのことが具体的にわからない人は(僕も含め…)ここに書かれていることから選べれば十分満足できるからです

→OSやCPUなど、パソコンのスペックに関してはこちらにまとめてありますので、この先を読む前によかったら読んでみてください。

 

さて、Amazonで「ノートパソコン」と検索していただきましたら、絞り込みをしていきます。

・OS:Windows7~10全てにチェック。
・パソコンディスプレイサイズ:15-16インチにチェック。

・ブランド:チェックなし。
・CPUタイプ:Intel Core i7、Core i5にチェック。
・メモリ容量:4GB
・ディスク容量:チェックなし

・CPUのクロック周波数:チェックなし

※メモリ容量を選択すると消えます。
・コンディション:新品を選択。

すべてチェックできたら、出てきた一覧から気になるパソコンをチェックしていきます。

 

さらに絞り込み

価格に関しては5万円~6万円台で探しますので、50,000-100,000台で一度探してから、10,000-50,000台で探すようにしましょう。
並び順は高い順にしたほうが探しやすいです。

なんでもそうなんですが、絞り込みで価格をある程度絞り込んだら、高い順のほうが探すのが楽になります。
安い順にすると、たまに周辺機器とか付属品で余計なものが表示されるからです。

 

さて、今回は50,000-100,000台の中から、65,000円辺りの商品に絞りました。
☆「Ctrlキー+商品クリック」すると新しいタブでページを開きますので、気になる商品を新しいタブで次々に開いていきます。

タブというのはコレ↓↓↓です。

 

開いた商品の中からさらに絞り込むのですが、僕は持ち運びもしたかったので2kg前後~2.5kg前後の重さで絞りました。
商品ページで下の方に進むと、スペックの詳細がかかれています。

その中の商品重量を見てください。

3kg前後のものは持ち運ぶには重すぎるので削除します!
☆いらないタブを削除するときは「Ctrlキー+W」で削除できます。

☆隣のタブを開くときは「Ctrlキー+tabキー」で隣のタブに移ることが出来ます。

 

今回見ているとこんな商品も見つけました。
15.6インチのノートパソコンなのに商品重量が・・・

 

なんと重さが“14g”

いやいやいやいや・・・ありえないでしょ。

こんな記載ミスも削除です!

いい商品なのかもしれませんけどね。
削除です。

最終絞り込み

商品重量で絞ったら、次は32bitか64bitかをチェックしてください。

32bitか64bitどちらか選択可能になっているものでも構いません。

どれも商品名のところに記載があると思います。
無ければ商品の詳細(下部)へ進んでみてください。

 

この先はどんどん絞り込んでいきますが、細かい部分は気にしません。
最初にチェックした項目だけを見ていきます。

CPUタイプはここまで絞り込むとCore i5しか残っていないかと思います。
メモリ容量も4GBを選択してありますし。

 

確認するところはOSとディスク容量です。
選ぶ基準は以下のようになります。

・OS:Windows8~10

・ディスク容量:500GB~1TB

OSは正直Windows8~10であれば何も問題ないと思います。

Windows7が良いとか、10は駄目だとか言う方もいますが、正直何を基準で判断しているのかわかりません。
そこに拘るのはもう少し詳しくなってからでいいでしょう。

じゃあ最初の絞り込みでWindows7選ばなきゃ良いだろ!って話なんですけどね。
まぁ好みの問題なのかなと思い一応・・・

あとはディスク容量ですが、これに関しては大きいものを選べるのであればその方がいいです。

メモリ容量が4GBなので稼働できるアプリケーションのスペックや数は大したことないのですが、データを保存できる容量は大いに越したことありません。

少なすぎると外付けハードディスクなどの持ち運びが必要ですからね。
といってもバックアップはこまめにしなければいけないので、500GBもあれば十分だと思います。

 

仕上げに選ぶ基準

ここまで絞り込んだら残りはレビューデザインブランドより安い価格になると思います。
これらはご自身の感覚になるので、ご自由に選んでみてください。

僕はいつもレビューを見ます。

そもそもレビューの数が少ないと意味ないのですが、ある程度レビューがあれば必ず確認するのが悪い評価です。

何故か・・・
自分にも降り掛かってくる問題の可能性があるからです。

でもそこで悪いレビューを確認して、例えば写真とデザインが違ったとか、キーボードが打ちにくいとか、大したことじゃなさそうだなって感じるレベルかどうかを確認します。

「そんなことで悪い評価付けるの?」って方もたまにいらっしゃるので。

これもその人それぞれの感覚なので星の数や良いレビューばかり参考にするよりも、悪いレビューを見てどう思うかの方も重視した方がいいと思います。

 

ちなみに、今回表示された商品には“Microsoft Office“つまりWordExcelなどが入っていないものばかりです。
Kingsoft Officeが入っているものはありましたが・・・
使い慣れていないものは嫌ですよね?

そこで、今使っているパソコンにOfficeが入っているのであればそれを移し替えることも可能です。
ライセンス認証は台数が限られているのですが、元々入れてあるパソコンからアンインストールすれば問題ありません。

電話認証も出来るのでOfficeなしのパソコンを買う場合はそのように対応してみてください。
僕も現在使っているOfficeはWindows7のデスクトップパソコンから移したものです。

 

さて、いかがでしたでしょうか。
良さそうなノートパソコンは見つかりましたか?

Amazonで見つけた後は是非他のサイトでも見てみてくださいね!
価格.comや楽天など色々なサイトがあると思います。

もちろんAmazonで購入してもいいですし、今回選択した基準を元に他のサイトで探してみるのもありです!

気に入ったものがあれば商品名をコピーして他のサイトで検索する。
価格差で選ぶっていうのもOKです。
もちろんお近くの店頭を確認してみるのも良いですね!

良いパソコンに出会えることを願っています。

 

さて、次は2台目のパソコンについてです。
次は選択肢がそもそも少ないのですぐに終わります。

よかったら見てみてください!

スポンサーリンク

持ち運びにはCromebook

「オススメする10選」みたいな記事も見たんですが、それでも正直わかりませんでした。
パソコン初心者の僕からすると、スペックなどを並べられてもわからないんです。

なので、今回は僕が実際に使って全く問題なく使えているって事と、Chromebookを使って困ったことを書きます。

参考にしてもらって、今悩んでいる選択肢を一つでも減らすことが出来たらなと思います。

Chromebook褒め

なにせ。

・軽い!
・早い!
・電池が長持ち!

・アプリケーションも拡張機能で問題ない!

・なんてったって安い!

気になるのはお値段ですよね?

なんかテレビショッピングみたいになりましたが・・・

 

僕が購入したのはAmazonで23,000円!
中古ですが全く問題ありません!

 

ただ、Cromebookには一つ難点が・・・

近くの家電屋に言ってもパソコン屋に行っても売ってない・・・

僕は石川県の金沢市に住んでいます。
金沢市の全ての家電屋、パソコン屋に行ったんですが、1台も置いてありませんでした。

秋葉原とかパソコン自体が充実している街であれば置いてあるのかもしれませんが・・・
地方では見つかる可能性が低いと考えても良いと思います。

 

そのため、僕はAmazonで購入しました。

注文してから3日ほどで届き、空けてみたらめちゃくちゃ綺麗!
中古なので当たりハズレが在ると思いますが、買う前に必ず商品説明を読んで下さいね!
届いた時に、説明とかけ離れた状態でしたら返品することも可能ですので。

以前、CD付きの英語教材を購入したときはタイトルに「CD付き」って書いてあるのに付いていなかった事がありました。
問い合わせたら間違って表記してあったとのこと。

Amazonって一般の方が商品を販売することも出来るので、間違った表記って結構あるんです。
既に販売されている商品に相乗りして販売することも出来ます。
そのため、自分の商品の状態説明と既に販売されている商品の状態説明が異なっている事が稀にあるんです。

だから、購入者は最新の注意を払って買うようにしてくださいね!
中古でも新品でも複数出品されている物で「なんでこんなに価格が違うんだ??」って場合があります。
そんなときほど、状態説明をしっかり見たり聞いたりすることをオススメします。

話は戻りまして、実際には中古だから心配だったんですが、そんな心配もしていなかったかのようなテンションの上がりっぷり!
早速起動してみたらめちゃくちゃ早い!

てなことで皆さんにもオススメします!

これまたAmazonで検索

Amazonを開いて「ノートパソコン」と検索してください。
次に絞り込み一覧のOSの欄から“Chrome OS”を選択してください。

最後に価格を10,000-50,000に設定したら絞り込み終了です。

 

ここでも順番は高いもの順です。
4万円代のものは無視します。

20,000-35,000円代から探します。
予算に余裕のある方はChromebookにお金をかけずに、自宅用パソコンに掛けてくださいね!

 

さて、出てきた商品の中から商品名に“並行輸入品”と書かれたものは無視です。

何故か・・・

海外製だからです。
設定で日本語対応にも出来るんでしょうが、キーボードが海外仕様だと面倒ですよね。

選択肢は狭まりますが、日本製でも十分満足できます!

商品選択

選ぶ基準としては画面サイズです。
11インチ13インチが良いと思います。

あとはメモリ容量も気になるところですが、少なくても問題ありません。
データ保存はSDカードやUSBメモリに保存可能ですし、ネット環境があればGoogleドライブにも保存できます。

→グーグルドライブの使い方はコチラ!

 

出先で使うためのパソコンなので容量は気にしなくても問題ありません。
それでも容量が多いことに越したことはありませんので、気にしてみてみてください。

僕は13インチのパソコンが良かったので、選択肢が1つしかありませんでした。

↓↓↓コチラです。

11インチでも良いって方はもう少し選択肢が増えるので、メモリ容量、デザインやバッテリーなどを基準に選んでみてください。

使ってみての感想

Chromebookは基本的にはオンラインでないと使える機能が少ないです。

しかし、オフライン保存も可能なGoogleアプリのスプレッドシートやドキュメントを使うと、ネット環境がない場所でも記事作成などが可能です。

 

僕は飛行機内や新幹線内でどのみちネットが使えないときはオフラインで利用しています。

Chromebookの具体的な使い方はコチラ!
Chromebookでオススメの拡張機能はコチラ!

 

今回はWebページ運営をする方に向けて書いているので、ネット環境はなるべく探しますよね?
ポケットWi-Fiやテザリングを使ったりしますよね?

であれば全く問題ありません。
記事作成やメールのやりとり、その他SkypeやLINEなどのSNSも問題なく使えます。

さらに拡張機能の種類を知ることでより便利に使うことも可能です。

 

安くて、軽くて、早くて、使いやすい!
2台目の持ち運びパソコンとしては申し分ないです。

是非ご検討してみてください!

 

快適に使うために

マウスを使わない

・マウス不要!キーボードとタッチパットの便利な使い方はコチラ。

マウスを使わなくても使っても、作業効率を上げるショートカットキーやタッチパットの使い方を紹介しています。

作業効率を上げることは時間を作る事になります。
些細な事でも積み重ねることで後に大きな時間となりますので是非参考にしてみてください。

 

・SSD搭載がオススメ!
SSDとは?コチラに書いてありますのでよかったら御覧ください。

しかし、高い・・・
だけどスピードがHDDに比べて断然早い!

HDDからSSDに交換してくれるお店もありますのでご検討してみてください!

ただし、つい最近までは寿命が短いどうのこうの言われているので、いざとなった時に1万円ほどだけ使えるように用意しておくことをオススメします。
僕は自分で交換しまして、それから1年以上立ちますが全く不具合なく動いてます。

あとはHDDでも関係なくバックアップは必ずこまめにすることです。
僕はこれまでに外付けHDD、デスクトップパソコンで2回もHDDが壊れてデータを無くしています。

 

まとめ

長くなりましたがいかがでしたでしょうか。

パソコンって高いから2台も持つのは厳しいかなって思うんですが、10万あれば2台揃えることが出来ます。

 

お金に余裕があればもっと高価なものでもいいとは思うのですが、何を基準にしていいかわかりませんよね?
良いスペックのものを選んでも機能を最大限に活かしきれていないともったいないですし。

数年前に24万円ものパソコンを購入したのにも関わらず、使いこなせなかった僕はよくわかります。

 

最初は安くてもそれなりに使えるパソコンで良いと思います。
稼げるようになってから、パソコンにもう少し詳しくなってから今より良いものを選ぶのも良いかもしれませんね。

 

ちなみに、13インチで10万ほどのスペックのそこそこ良いパソコンを1台持てば良いんじゃないの?って思う方もいらっしゃると思うんです・・・

けど15インチの画面で作業するのと13インチで作業するのでは効率がだいぶ違うんです。

僕は自宅で使うのに最低でも15インチ欲しかったので2台持つことを選びました。

 

同じような状況の方ばかりじゃないとは思いますが、やっぱり自分に合ったスタイルが一番ですよね!
使用目的をしっかり考えて、充実したパソコンライフを送ってください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-パソコン・スマホ

Copyright© Countrip , 2019 All Rights Reserved.