Countrip

ビジネスを安定させたい人を全力で応援

石川県民必見!パスポート申請から取得までの流れ

石川県でパスポートを取得するにはどうしたらいいでしょうか?
僕が28歳にして初めて海外に行くということで、
パスポートを取得することになりました!

僕の住む石川県ではどこで、どのようにしてパスポートを取得したらいいのか、
今回は取得方法についてまとめてみました!

石川県内でパスポートを取得できる場所

石川県内でパスポートを取得できる場所は、
金沢市、小松市、七尾市、輪島市の4箇所です。

各場所の詳しい住所、窓口の時間、パスポート取得に関する詳細はコチラに記載されていますので確認してみてください。

金沢市の場合は駅東口からまっすぐ行ったところにあるリファーレで取得できます。

以下、パスポートを取得するための手順や準備するものについてまとめてみました!

 

パスポート申請時に必要な物

以下のものがパスポート申請時に必要になりますので漏れのないように準備してください。

・戸籍謄本

・申請用紙

・証明写真

・身元確認書類と住民票

 

戸籍謄本

必要なものの一つに戸籍謄本があります。
ただし、戸籍謄本は本籍地の市役所や町役場でしか取得出来ません。
僕はそれを知らずに金沢市で取得できるものだと思っていました・・・

僕は本籍が七尾市なので、七尾市役所でのみ戸籍謄本を取得できます。
でも金沢市に住んでいたらわざわざ七尾まで行くのも手間ですよね?

金沢市~かほく市以南が本籍の方はリファーレの2階にある市民センターで戸籍謄本の取得ができます。
それ以外の方は本籍地まで行かなくても、各市役所や町役場に依頼することで郵送にて取得することも出来ます。

下記が各市役所や町役場の戸籍謄本取得情報のページです。
取得方法や印紙代などの記載が書かれているのでご確認ください!

金沢市     ・七尾市     ・小松市

輪島市     ・加賀市     ・珠洲市

羽咋市     ・かほく市    ・白山市

能美市     ・野々市市    ・川北町

津幡町     ・内灘町     ・志賀町

宝達志水町   ・中能登町    ・穴水町

能登町

 

申請用紙

パスポートの申請時に必要な用紙ですが、各窓口でしか手に入りません。
前も手記入していきたい場合は窓口で受け取る必要がありますが、もちろん窓口でも記入が可能です。
申請用紙には5年更新か10年更新で用紙が異なってきますので注意してください。
スムーズに記入するために、記入例を予め確認しておくのも良いでしょう。

ほとんど難しい箇所はないのですが、氏名欄にローマ字で記入する場所があるので、ご自身のローマ字表記は確認しておいた方が良いかと思います。
下記のページ内に記入例が載っています。
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kokusai/passport/passport.html

ローマ字はヘボン式で記入しなければいけません。
ヘボン式とは?
僕の場合は名前が「しょうた」なので、ヘボン式ローマ字で書くと「SHOTA」となります。
よく「SYOUTA」と書きがちになるのですが、これは日本式ですのでこれではいけません。

便利なことにヘボン式に変換してくれるサイトがあるのでご紹介します。
http://hebonshiki-henkan.info/

他にはパスポートを既にお持ちの方は下記の記入が必要になります。
・旅券番号
・発行年月日

申請用紙は折り曲げ禁止なので、クリアファイルなどを用意することをオススメします。

 

証明写真

リファーレ横のファミリーマートに証明写真機があります。
他にも金沢駅内の吉野家近くコインロッカーの正面にもある。
ファミリーマートや駅内は利用者がよくいるので前もって取っていくことをオススメします。

もしも車で向かうのであればどこから向かうかにもよりますが、金沢ビーンズもあるので利用してみてください。
その他にもご自宅から近い場所を探してみてください。
下記のHPにて証明写真機の設置場所を検索することが出来ます。
https://www.dnpphoto.jp/CGI/search/search.cgi?s_item_flg=1
http://doco2.com/category/ishikawa/

証明写真は写真館にて撮影してもらうのが一番なのですが、やはり金額や時間がかかってしまいます。
証明写真機でも大丈夫なのですが、証明写真も結構細かな指示があるので取り直しがないように注意してください。
証明写真の支持に関しては外務省のHPを参照してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/ic_photo.html

 

身元確認書類&住民票

身元確認書類は運転免許証か健康保険証で大丈夫です。

住民票ですが必要となる方は次の方です。
・住民基本台帳ネットワークシステムの利用を希望されない方
・住民登録をしていない単身赴任先や就学先等の都道府県で申請される方

“住民基本台帳ネットワークシステム“についてですが、これの利用を希望するかどうかは窓口のスタッフの方が申請者の住民情報をこのシステムを使って確認しても良いかどうかということです。
これを希望するのであれば住民票をわざわざ用意する必要がありません。
ちなみに僕はこのシステムを利用したので住民票を用意しませんでした。

あと住民登録をしていない方に関してはパスポートセンターにて必要かどうかを確認してください。
住民票も戸籍謄本と同じく郵送での取得も可能ですので、住民登録をしてある市役所や町役場のHPにて確認してみてください。

 

パスポートの受取

パスポートの受取は必要書類を持って窓口に行きましょう。

パスポートの受取日は場所によって異なります。
金沢市のパスポートセンターであれば、申請日から5日目から受取が可能です。
ただし、土曜日と祝日を除きます。

小松市、七尾市、のと里山空港では申請日から9日目に受け取りが可能です。
ただし、金沢市とは異なり土日、祝日は受取ができません。

ここで注意事項ですが受取日までの日数は申請日から数え、かつ土日、祝日を含めずに数えます。
例えば金沢市の場合、火曜日に申請すると受取が土日、祝日を含めずに5日目なので、翌週の月曜日から受取が可能ということになります。
もしも月曜日が祝日の場合は火曜日から受取可能です。

その他の場合は9日目なので、同じく火曜日に申請した場合は翌週の木曜日となります。
9日目の場合は水、木、金曜日に申請すると翌々週になるので注意が必要です。

 

申請用紙

申請時にも注意されると思いますが、用紙は折り曲げ禁止なので受取まではしっかり保管しておいてください。
受取日当日には忘れずに持っていきましょう。

 

印紙代

受取時には収入印紙と石川県証紙が必要になります。
これらは各窓口で購入することが出来ますのでその分のお金だけ用意してください。

石川県証紙は\2,000ですが、収入印紙代は5年更新と10年更新で金額が異なります。
・5年更新=\9,000(計\11,000)
・10年更新=¥14,000(計\16,000)
・12歳未満=¥4,000(計\6,000)
以上のように異なりますので確認ください。

 

まとめ

以上が石川県でのパスポートの取得方法です。
事前に確認しておけば結構スムーズに取得することが出来ますよ!

1ヶ月ほど日数を見ておけば余裕を持って取得できます。
申請ついてはどこも平日の5時までなので時間を取るのはなかなか難しい方も多いとは思いますが、申請さえ済ませてしまえば受取は日曜日に可能だったり、夜7時まで可能だったりするので確認してみてください。

それと、せっかくなので海外でも車を運転してみませんか?
石川県での国際免許を取得するためには!
こちらにまとめてあります(^^)

-ブログ

Copyright© Countrip , 2019 All Rights Reserved.