Countrip

ビジネスを安定させたい人を全力で応援

時間の無駄!ターゲットじゃないとわかった時点でセールスは終了

あなたの顧客リストの中にもう見込みのないお客さんが入っていませんか?
この人買わないな~って思っているのにとりあえず商品説明しようと時間を使っていませんか?

いくら頑張っても買わない人は買いません

あなた自身、お客さんの時間を無駄にしないためにも、即座に切り上げる事も時には必要です。

 

潔くクロージングをしない

クロージングは必ずしなければいけないものではありません。

お店にお客さんが来てくれたからと言って、全てのお客さんにクロージングする必要はないんです。
それではただの押し売りです。

 

ダメ元するならアドバイス

マユミ
この間、あ~この人には自分の商品は向かないな~って思ったお客さんに念の為クロージングまで進めたんですけど・・・案の定ダメでした。
あ、ダメだったの??その流れだと契約取れたのかと思うじゃん!
リカ先輩
マユミ
そうだったら良いんですけどね・・・
でも、クロージングまで進めるのはお互いに時間の無駄だよ。
リカ先輩
マユミ
ダメ元はやっぱりダメですか?
そうだね。下手するとお客さんを不快にさせちゃう可能性もあるし。
リカ先輩
マユミ
そうですかぁ。
この人には自分の商品は向かないって思った時点で、その人のためになる情報をあげて終わらせるのが一番いいよ。
リカ先輩

以前、クライアントさんがターゲットじゃないとわかったお客さんに対して、その時点で商品説明やクロージングをしないで切り上げたそうです。
切り上げる前にその人に合うアドバイスをしたら、お客さんに凄く喜んでもらえて自分自身もスッキリと終わることができたとおっしゃっていました。

ダメ元でクロージングをして断られてしまったら、契約が取れなかった・・・と思う始末になります。
さらに無駄に終わることで自分のモチベーションも下がります

欲しがっていないお客さんに商品説明するのは本当に時間の無駄です。

切り上げるというのはセールスが失敗に終わったわけではありません。
むしろアドバイスなどでお客さんに喜んでもらえたのなら成功です。

セールスとは”お客さんの悩みや問題を聞き出して解決策を提案する”ことです。

つまり、商品やサービスを買ってもらえなくても、自分自身の情報提供によってお客さんが満足してくれたのならセールスとしては成功なんです。
もちろんそれだけでは商売になりませんから、買ってもらうという事が最優先なのには代わりありません。

しかし、買ってもらおうとするあまりにダメ元セールス数撃ちゃセールスをしていては、一向に成約率は伸びません。

しっかりと見極める目を持ってセールスに取り組んでみて下さい。

 

-マーケティング

Copyright© Countrip , 2019 All Rights Reserved.