Countrip

ビジネスを安定させたい人を全力で応援

なかなかブログ記事やSNSの更新が進まない原因は完璧を求めるから?

更新日:

完璧主義はだめ

結果や評価を意識するあまり完璧な文章を作ろうとしてしまう方がいらっしゃいます。

しかし・・・

完璧を目指してはいけません。
なぜなら完璧なんてものはないからです。

 

パズルの完成と文章の完成は違う

1,000ピースのパズルであれば全て組み合わせれば完成です。
無理やり押し込んだりして完成させたものでなければ完璧な仕上がりでしょう。

しかし、1,000文字の文章を何十時間も何百時間も考えて書いたからといって決して完璧にはなりません。

 

人の感情が評価するものに完璧はない

パズルが完璧に仕上がったというのは1ピースの狂いもなく仕上げた時です。
これは誰が見ても完璧に完成したなって思いますよね?

でも文章は違います。

人によって捉え方は違いますし、感情の入り方も違います。
コピーライティングのコンサルタントによってもアドバイスの内容は違うくらいなので、当然見る人の評価は人それぞれ違います。

そんなものに完璧を求めて書いても一生辿り着けません。

良い評価をしてくれる人もいれば悪い評価をしてくる人もいます。
それを気にしすぎて書かないでいると余計に文章力というのは上達しませんし、読んでくれる人は一向に増えることはありません。

自分がターゲットとする人に読んでもらうための文章をしっかり考えて、まずは評価を気にせず書きましょう。

評価を気にするのは実際に評価されてからです。

 

2,000文字書けなければ1,500文字でも可

例えば2,000文字書かなければSEO的に問題だと考えながら1,500文字で止まったままなのであれば、気にせず1,500文字で更新した方が良いです。

1,000文字でも良いです。

確かにSEO的に効果はないかもしれませんが、更新しない方がSEO的にも文章力の向上にも悪影響です。
更新する癖が無くなるのも問題ですし、文章は次々に書かなければ上達はしません。

文字数ばかりを気にするあまり停滞してしまうことの方が、少ない文字数で更新しているよりよっぽど悪影響です。

仕事が忙しいというのであれば1,000文字、それでも厳しいなら500文字でも良いから書きましょう。
そして後で修正時に書き足していけばいいです。

ケンゴ先輩
ナオトも最近停滞気味だから気をつけないとね!
そうですね・・・
ナオト
ケンゴ先輩
ブログの記事なんて一発勝負じゃないんだから気にせず更新することだよ!
はい!頑張ります!
ナオト

 

質は少しずつ上げていくもの

ケンゴ先輩
質はいきなり上がることはないよ。
そうですよね。
ナオト

お金を使ってプロまたはクラウドソーシングで頼めば良い文章はすぐにでも仕上がるでしょう。
しかし個人がそれを行うにはある程度の資金ができてからの話です。

 

人に頼むのは個人を売らない場合

お金を使って人に頼む事も一つの手段です。
ただしこれは自分自身を売らない場合です。

文章は人柄が現れます。

フランクな人はフランクな文章、真面目でお堅い人はお堅い文章、下ネタばかりの人は下ネタばかりの文章、ユーモアのある人はユーモアのある文章。
僕みたいにフツーの何のひねりもない言葉の羅列を書く人もいます。

笑える上にためになる文章を書ける人って羨ましいなって思いますが、なかなかそうは書けません・・・

文章=その人になるわけなので、まとめサイトのようなものを作るのであれば誰かに記事作成を依頼するのもいいでしょう。
しかしサイトで集客をして実際に自分がお客さんと話す場合、記事とでイメージしていた人とは全然違うなぁって思われるのはあまり良くありません。

交流会で初対面の場合、最初はどんな人かわからないけれど話してみると見た目より明るい人だとか、真面目な人だなどといった評価を受けます。

それは対面であった場合のみです。

ブログの場合は文章でその人柄がある程度わかるので、合わないと思われたら話してくれません。
それは集客できない原因になります。

そのため、自分以外の誰かが書いた文章では自分の人柄が出ないので集客できない可能性が出てくるんです。
もちろんサイトの内容にもビジネススタイルの方法にもよります。

自分自身を売る商売であればご自身で書くことをお薦めします。

 

たとえ500文字でも書き続ければ・・・

SNSなんかもそうですがたった200文字~300文字程度の文章でも、毎日書き続ければ質は上がっていきます。

定期的にSNSを更新している人はFacebookなど過去の投稿を見てみて下さい。

最近の投稿と比べてどうでしょう?
変化はありませんか?

僕は結構変化しています。
伝え方や情報の内容、文字数などが過去の投稿と比べると大きく変化しているのがわかります。
たった数十、数百文字でこれだけ変化するんですから、少し文字数だとしてもしっかり書き続けることで質は上がっていきます。

それに評価のされ方も変わってきます。

評価のされ方も変わればモチベーション向上にも繋がりますよ。

 

1,000文字目標がいつの間にか2,000文字

書き続けるとわかってくることですが、1,000文字は書こうと思って書き続けるといつの間にか2,000文字を超えているときがあります。

2,000文字くらいを目指そうと書き始めたらいつの間にか5,000文字になっていることも。

文字数に拘る必要はなく、たとえ少ない文字数でも伝えたいことをしっかり伝えようとすればそれなりの文字数になるわけです。

書いている途中に、もう伝えることはないなって思ったのであればそこで切り上げても構いません。
上手くまとまっていなくても後で修正すればいいだけです。
先程も言いましたが決して一発勝負ではありません。

 

最後に

ケンゴ先輩
SEOを気にして書くのはもちろん大事なんだけど、それ以上に書き続けるということの方が大事だよ。
そうですね。僕も気にするあまり書くことが億劫になっていました。
ナオト
ケンゴ先輩
まずは気にせず書く習慣を付けるべきだね!
わかりました!
ナオト

 

-セルフマネジメント, パソコン・スマホ

Copyright© Countrip , 2019 All Rights Reserved.